黒 にんにく 食べる 時間

 

黒にんにくを食べるのに一番いい時間と量は?効果と欠点も

黒にんにく 食べる 時間

 

 

「元気」「健康」「美容」に効果的な黒にんにく。

 

そのまま食べても甘くドライフルーツみたいに美味しくいただけます。

 

・にんにくの4倍もの疲労回復効果

・がんの予防
・アンチエイジング効果

と魅力的な効果をもっているのですが、

 

いつ食べるのがその効果を一番発揮できるのでしょう?

 

また、

・1日にどれくらいの量を食べるといいの?

・どんな効果や欠点があるの?

という点についてもご紹介いたします!

 

 

この記事でわかること。
・いつ食べるのが一番効果が発揮されやすい?
・1日にどれくらい食べるのがいいの?
・どんな効果と欠点があるの?

 

黒にんにくの効果を最大限に引き出したい方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

まずは、黒にんにくを食べるのにもっとも適した時間をご紹介します。

 

黒にんにくはいつ食べるのが一番効果が発揮される?

黒にんにく 食べる 時間

 

黒にんにくを食べて、その効果が一番発揮される時間は【夜】です。

 

・疲労回復

・アンチエイジング
・がんの予防

の効果を上げたい方は黒にんにくを夜に食べることをおすすめします。

 

疲労回復効果

 

黒にんにくを夜に食べることで1日に溜まった疲れをとり、翌朝を気持ちよくスッキリと迎えることができます。

 

1日の始まりは気持ちよく迎えたいですよね!

 

 

アンチエイジング効果

 

黒にんにくには「プロリン」という皮膚などの組織を作るコラーゲンの原料が含まれています。

 

寝ている間に分泌される成長ホルモンが、「プロリン」を栄養にして、身体の組織を作り変えていきます。

 

効率良くハリと潤いのある若々しい肌に生まれ変わらせてくれます!

 

 

がんの予防

 

黒にんにくには、がん細胞を発見すると退治してくれる「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を活性化する効果があります。

 

夜に黒にんにくを食べて「NK細胞」を活性化しておけば、夜中に増殖、分裂が活発になるがん細胞を、きれいサッパリ退治して、がんの発生を予防することができます。

 

 

以上の理由から黒にんにくは、夜に食べることを、おすすめします!

 

 

それでは、黒にんにくは、1日にどれくらい食べるのが良いんでしょうか?

 

黒にんにくの1日の摂取量は?

黒にんにく 単位

 

はじめて黒にんにくを食べる時は念の為、1片だけにしておくことをおすすめします。

 

黒にんにくは、にんにくに比べて身体への刺激が少なく安全です。

 

しかし、黒にんにくに「アリシン」が多く残っていた場合、黒にんにくをたくさん食べてしまうと「アリシン」が、腸内の悪い細菌だけでなく良い細菌まで殺菌してしまい、「腹痛」「下痢」をもよおしてしまう可能性があります。

 

黒にんにく 下痢

 

はじめは1片だけ食べて「腹痛」「下痢」になる気配がなければ、最多で1日4片までなら食べても大丈夫でしょう。

 

ただし、ちゃんとした製造業者が作った黒にんにくなら、1日1~2片食べれば十分に「元気」「健康」「美容」の効果を発揮してくれるので、たくさん食べる必要がありません。

 

とりあえず
「1日1片を毎日食べ続ける!」
という食べ方をおすすめします。

 

 

黒にんにくの効果と欠点は?

 

黒にんにくには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果が白いにんにくの4倍

2.がん予防
3.免疫力の向上
4.アンチエイジング効果(美肌効果)
5.スタミナアップ
6.滋養強壮
7.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ
・・・etc

 

しかし、1つ大きな欠点があります。

 

それは、
自分で作るのが大変ということです。

 

何が大変かと言うと

・にんにくを熟成、乾燥して黒にんにくを完成するのに10日以上はかかる

・毎日、炊飯器の中のにんにくに均等に熱が伝わるように上下を入れ替えなくてはならない
・熟成、乾燥の間ににんにく特有の強烈なニオイが発生する
・炊飯器の保温の温度帯では、あまり有効成分を増やすことができない
・慣れるまで美味しく作れない場合が多い

というものです。

 

大変な割に効果が少ない黒にんにくになってしまうため、一般的には販売されている黒にんにくを買う方が多いのが実情です。

 

ただし、買うと言っても黒にんにくは、
・大規模なスーパー
・デパート
・ネット通販
などでさまざまなものが販売されています。

 

どれを選んだら良いか迷ってしまうという方が多いです。

 

そこで、わたしが自身を持っておすすめする黒にんにくを別の記事でご紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてください!

 

わたしのおすすめの黒にんにくはこちらの記事でご紹介!

 

 

 

黒にんにくを食べるのに一番いい時間と量は?効果・欠点

まとめ


黒にんにく 時間

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 黒にんにくは、夜に食べると効果が発揮されやすい
  2. 1日に1~2片を毎日食べるのが効果的
  3. 欠点は自分で作ると大変な割に効果が少ないこと
  4. 黒にんにくはたくさんの種類が販売されていて本当に良いものを選ぶのがむずかしい

 

 

黒にんにくには、素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果が白いにんにくの4倍

2.がん予防
3.免疫力の向上
4.アンチエイジング効果(美肌効果)
5.スタミナアップ
6.滋養強壮
7.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ
・・・etc

 

 

ただし、それはしっかりした製造業者が「温度」「熟成期間」などの研究を重ねて栄養がもっとも増加する方法で作った黒にんにくだけです。

 

同じ黒にんにくでもつぎのようなものは栄養・効果が全然違います。

 

・炊飯器などで自作したもの
・あやしい業者から買った安いもの

 

 

黒にんにくの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると黒くはなりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの黒にんにくを代表する成分はあまり増加しません。

 

正しい温度帯で製造された黒にんにくはつぎのような有効成分の増加がみられます。

・S-アリルシステイン(疲労回復、アンチエイジング、がん予防)・・・にんにくの16倍

 

・ポリフェノール(アンチエイジング)・・・にんにくの6.3倍以上

 

・アルギニン(疲労回復、肥満改善、成長ホルモン促進)・・・にんにくの3.5倍以上

 

 

このような高い効果ができる黒にんにくをお求めの方のために
本当におすすめできる黒にんにくをご紹介させていただきます。

 

\おすすめの商品はこちらの記事で詳しくご紹介しています。/

 

 

⇒⇒⇒いますぐおすすめの最高品質の黒にんにくを買いたい方はこちら!